ソルト

2010年/米
監督:フィリップ・ノイス
脚本:カート・ウィマー/ブライアン・ヘルゲランド
主演:アンジェリーナ・ジョリー/リーヴ・シュレイバー/キウェテル・イジョフォー 他


2年前、北朝鮮でスパイとして捕まったCIAのイヴリン・ソルトは、捕虜交換で開放されることになった。
現在では結婚し、リンク石油世界本部(CIA)に勤めている。
結婚記念日に、ロシアの特務機関にいたというオレグ・ワシリエヴィチ・オルロフが亡命を希望している──として現れた。
オルロフは、冷戦時代に送り込まれたロシア人スパイによる、ロシア大統領の『暗殺計画』があると伝えた。
なんでも、アメリカを陥れるために、アメリカ副大統領の葬儀の日を狙ってロシア大統領を暗殺するのだそうだ。
そのロシアのスパイの名は”イヴリン・ソルト”だという。
尋問を担当していたソルトは驚き、「偶然ね。私の名前もイヴリン・ソルトよ」と呟く。オルロフは「じゃぁ、スパイはお前だ」と笑った(←酷い)。
同姓同名とはいえ、自分はロシアのスパイではないと断言するソルトだが、悲しくも職員は一斉にソルトに疑いの目を向けるのである。
このままでは、無実の罪を着せられて拘束されてしまう──と恐れたソルトは、オルロフがCIA職員を殺し逃亡した際に逃亡を図ってしまう。
でも、逃亡の仕方が‥‥。自作の爆発物で特殊部隊を叩きつけてドカーン!
いくら無実とはいえ、こんなことをしてしまえば、更に不信感を抱かせるだけでしょうに‥‥(-_-;)
ソルトが夫のマイクを心配して自宅に戻ると、既に夫の姿はなかった。
夫は誘拐された!ソルトは変装してニューヨーク副大統領の葬儀に潜入。そして──ロシア大統領を殺害してしまう。
『アメリカを陥れるため、アメリカ副大統領の葬儀の日を狙ってロシア大統領を暗殺する』。その者の名は“イヴリン・ソルト”。
「同姓同名なだけ。私はロシアのスパイではない」とあれほど叫んでいたソルトだったのに‥‥『スパイの“イヴリン・ソルト”』がするであろう行動』を自ら実行してしまったのである。

ソルトはその後、自分をスパイだと決めつけたオルロフに会うのですが‥‥2人は抱き合って再会を喜び合っている。
単なる同姓同名じゃなかった!やっぱり彼女こそがあの“イヴリン・ソルト”であった──!
ソルトは、オルロフから『スパイ教育』を受けた子供たちの“教え子”の1人だった。
仲間に歓迎されて喜ぶソルトだが‥‥彼女の愛する夫マイクが殺害されてしまい、沸々とした怒りが湧きあがった。
結局ソルトは、オルロフからスパイの指令を受け取った後、夫を殺された報復としてオルロフを殺してしまう。

終盤は、テッドは偽名で本名は『ニコライ・タルコフスキー』。実は彼もロシアのスパイだった──。
テッドの目的は、ミサイルを撃ってテヘランとメッカを攻撃し、そのイスラム教徒の怒りをアメリカに向けさせる──というものだった。
想定外のどんでん返しが起き、さらに“同志”だった筈のテッドをソルトは殺してしまう──という急展開になり、もはや誰が正しくて誰が悪なのか全く分からなくなってしまう。
ソルトはハメられたのか?首謀者なのか?それとも首謀者はテッドだったのか?そもそもテッドは何者だったのか‥‥?
考えれば考えるほど、作品はドロドロしたものになっていきます。

ラストでは、更にそれをもひっくり返すような出来事が起きるのです。
拘束されたソルトはヘリの中でCIAの同僚ウィリアムにこう言うのです。
「テッドはミサイルを発射しようとしていた。でも私はそれを止めた。私が救ったの。ロシア大統領も殺せたのに、私はあえて殺さなかった。それに‥‥あなたを撃つことができたのに。私はあえて撃たなかったのよ」

同僚のウィリアムは大混乱。テッドが正しい気もするが、テッドはスパイだった。となると、ソルトが正しい気もする。
グルグルと、敵になったり味方になったり。一瞬のうちに立場がすり替わってしまう異常な関係。
『ハラハラする映画』って、このことを言うんだろうな〜という緊迫感あふれる映画です。

とにかく、バッタバッタと人が容赦なく殺害されていく映画
アンジェリーナ・ジョリーのスタントなしの体を張った演技も凄いです(一歩間違えたら死ぬ!)。


挿入歌(紹介文については、歌が流れていた『場面』を指します)

In Paradisum from Requiem Op. 48 - Gabriel Faure
讃美歌
https://www.youtube.com/watch?v=K9JBG_r1lu4

女の子がヘッドフォンで聞いていた曲は、残念ながらYOUTUBEに載っておらず、
曲の確定ができなかった…。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。