ルビー・スパークス

2012年/米
監督:ジョナサン・デイトン
脚本: ゾーイ・カザン
主演:ポール・ダノ/ ゾーイ・カザン/ アネット・ベニング他


・小説家のカルヴィンは、若いながらもベストセラー作家であり、巷では『天才』とも言われていた。
最近ではスランプに苦しみ、見かねた兄から「恋人が出来ればきっと新たな作品が書けるよ」とアドバイスをされたが‥‥カルヴィンはコミュ障で根暗で、友達皆無だった。
自分に好意を持ってくれる女性は現れたことはあったが、彼女は自分の才能と印税に興味があるだけで、カルヴィン本人を好きなわけではなかった。
そういう事が何度か続いたあげく、<すっかり人間不信になってしまったカルヴィンは、現在は心療内科に通っている(可哀そうに)。
・ある日、精神科医はカウンセリングを兼ねてカルヴィンにこう提案する。「『あなたの飼い犬を可愛がる女性』の物語を書いてみなさい」
カルヴィンは気乗りしないまま、適当に1ページ書いて眠りについた。すると、その1ページの光景が夢のなかで忠実に再現されたのである。
夢の中の女性に好意を持ったカルヴィンは、女性を「ルビー・スパークス」と名付け、『カルヴィンの飼い犬とルビーの物語』を書き始めることにする。
・小説を書き始めてから、カルヴィンの周囲で奇妙なことが起こり始め、部屋に『女性の気配』がたびたび感じられるようになる。
ある朝、キッチンで朝食の支度をしているルビーの姿にカルヴィンは驚愕する。
心療内科に通ってはいるが、ついには幻覚まで見るようになってしまったのか──と落ち込むが、なんとルビーの姿は他の人にも見えていた。
ルビーは、カルヴィンが設定した通りの『姿・声・しぐさ』で語り掛け、カルヴィンは、彼女が『自分が具現化させた女性』と確信する。
兄はルビーを見るなり二人の恋を祝福するが、カルヴィンは彼女を『自分が造り出した偶像』だと説明する。
全く信じない兄に対し、カルヴィンはルビーの設定に『フランス語も話せる』と追加。物語内に「ルビーが流暢なフランス語で兄とカルヴィンに話しかける」と書き加えた。
すると、ルビーは流暢なフランス語で話しかけ‥‥兄もビックリ。
・ルビーの存在を気味悪がるカルヴィンに対して、兄は羨ましそうだった。「これってさぁ、設定のさせ方や物語の書き方次第で、自分を好きになってもらうことも出来るんだよな?」と、『理想の彼女』を造るよう提案(オイオイ💦)。
するとカルヴィンは大激怒。彼にとっては、夢の中で出会ったルビーが自分の中での最高の理想の女性であり、その女性が現実に出てきた。彼女に対し、これ以上望むものはない。それに、ルビーは操られるために自分の前に具現化されたのではないと断言したのだ。
その為物語は封印し、今の自分にとっての最高の彼女ルビーと共に過ごすことを決めたのである。
・カルヴィンはルビーを友達に紹介し、『俺の最高の彼女』と自慢しまくる。
ルビーは社会に出ることで自我が完全に確立し、見るもの触るもの全てを吸収し、純粋無垢なあくなき探求心で周りの人気者となっていく。
コミュ障で根暗なカルヴィンが、ルビーに話しかけてもらいたいと彼女に設定させた“社交的”な性格により、ルビーの行動範囲はドンドン広がり、いつしか『カルヴィンだけの彼女』から徐々に離れていきつつあったのだ。
カルヴィンは自分に戒めた禁を犯し、物語を取り出して‥‥つい、一言書き加えてしまう。
・月日が経つと、ルビーは更に行動範囲を広げ、絵画教室にも通い始め、そこで新たな友を持ち、いつしかカルヴィンと過ごす時間が無くなっていく。
カルヴィンが与えたルビーの初期設定『明るい・社交的・ポジティブ思考』のスペックが強すぎて、カルヴィン以外の男性らもルビーの事を好きになってしまい、ルビーもまんざらではない様子の為、カルヴィンは嫉妬してしまう。
ルビーを独り占めしたいカルヴィンは、ルビーの気持ちが離れそうになる度に、『ルビーはカルヴィンと一緒にいたくなる』『ルビーはカルヴィンと離れたくなくなる』『ルビーは‥‥』とドンドン書き加え、いつしかルビーを支配するようになる(ルビーを変える前に、なぜ自分の性格を変えようとしないんだ💥)。
・既に普通の女性と同じように生活しているルビーは、時折、自分の言動が自身の意に反している奇妙さに気づくようになってきた(ついにXデーがやってきたのだ!)。
最初のルビーの記憶は、カルヴィンの家のキッチンから始まっている。カルヴィンなら何か知っているかもしれないと、ルビーはカルヴィンに『自身の謎』について問いただすのだった──。

こんな女性がいたらいいな〜と脳裏に描いた女性が具現化される。果たしてそれは人間と言えるのか?
人間として、共に過ごすことはできるのか?
女性が自分の存在に気付いた時、生み出された女性は、自分を受け止めることはできるのか?
夢物語でありながら、コメディで、とても哲学的な話です。
カルヴィン目線でストーリーが進むため、女性がルビー目線で見てしまうと気の毒に思えてくるシーンがあるので注意が必要です。


挿入歌(紹介文については、歌が流れていた『場面』を指します)

Ca Plane Pour Moi - Plastic Bertrand
https://www.youtube.com/watch?v=xTo79sPCVXA
ゾンビ映画を観て盛り上がるカルヴィンとルビー。

Quand Tu Es La - Sylvie Vartan
https://www.youtube.com/watch?v=XF7FSrFP2qA
カルヴィンとルビーがドライブ

Nick Urata - Inseparable
https://www.youtube.com/watch?v=9WlQdCjJKcQ
カルヴィンなしでは生きていけなくなったルビー

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。