千と千尋の神隠し

2001年/日
監督:宮崎駿
音楽:久石譲


・親の仕事の都合により、慣れ親しんだ土地から引っ越すことになってしまった荻野千尋。
子どもは親に従うしかないものの、車の後部座席で憮然と寝転んでおり、何やら不満を抱えていそうだった。
道中、道に迷ってしまい、道なき道を進ませた先に、少し開けた場所に出た。
どこか懐かしい景色に惹かれ、両親と千尋は車を降りて散策に出かけ、怪しいトンネルをくぐってしまう。
・トンネルの向こうは‥‥何やら異国風の看板がいたるところに掲げられている、いわば『繁華街』。
各店には美味しそうな食事が並んでおり、両親は、店主の了解も無しにバクバクと勝手に食べてしまう。
千尋は食べなかったが、物珍しい繁華街を散策。すると、ハクという謎めいた少年に出会った。
ハクは千尋を見るなり血相を変え、すぐにこの場所から去るように告げ、なんだか怖くなった千尋が両親の元へ行くと‥‥両親は豚に姿を変えられており、千尋は驚愕する。
『刻』が変わり、今まで無人だった店に店主が湧きだすように現れ、豚と化した両親は鞭を打たれてしまうのであった。
・何が起きたのか分からず困惑する千尋に、ハクは助け舟を出してくれた。
この世界で生きていくためには仕事をしないといけないと告げ、湯屋で働くリンを仲介として、湯屋の主人(管理人かな?)である湯婆婆と面会することになる。
最初は門前払いだった湯婆婆だが、千尋は負けずに「働かせて」と大声で連呼し、その大声により、湯婆婆が溺愛する坊が癇癪を起こしてしまったため、千尋を黙らせるために渋々湯屋で働くことを了承してしまう。
ただ、萩野千尋という名前は湯屋で働くにいは贅沢だからと、「千」と名乗るよう命じ、名前を封じられてしまう。
その日の夜は、湯屋の一員となったために仕事着に着替えた千だが。布団に入ったが眠れるはずもなかった。
・翌日、千はハクと会い(今のところ、千が頼れるのはハクだけ)豚に姿を変えられた両親に会いに行った。
まるで、家畜のように養豚場に居る両親。人間だった頃の記憶は無いのか、千を見ても何の反応も無かった。
千は涙を流し、必ず両親を助け出すと誓うのであった。
豚に姿を変えられていない千は、ここに来る前の記憶が全て残っているのか‥‥と思えば、実はそうではなかった。
湯屋で働く前の服を返してもらい、ポケットに入れていたカードの名前の『萩野千尋』を見ても、しばらくピンとはこなかった。
しかし‥‥それが自分の名前だった事を思い出す(知らん間に記憶消されるの怖いな)。
自分の名前を忘れるということは、すなわち湯婆婆に支配されることを意味していた。
現にハクは元の名前を忘れてしまったため、湯婆婆に支配され、この世界から抜け出せずにいるのだという。
この世界の住民って、誰もが千尋みたいに、もともとの住人ってわけじゃないのかな?
でも、リンはこの世界に慣れてる感じだけど‥‥ようわからん。
・湯屋で仕事をする千尋。失敗を繰り返しながらも、目の前の仕事と誠実に向き合い、なんとかこなしていく。
桶の水を捨てようとした時、雨の中、面をかぶった変な生き物がずぶ濡れで突っ立っているのを見つける。
部屋に招き入れようとするが、入ってくる気配はない。
仕事中の千は「ここ開けときますね」と、要は「入りたいなら入ってきて良いですよ」と、その場から立ち去ってしまう。
・どうやらこの湯屋は、神様が疲れを癒す『銭湯』の役割を担っているようである。八百万の神がうじゃうじゃ引き締めき合っている様は観ていて面白く、海外では理解不能らしいが、それが不思議で神秘で魅力的らしい(神様は“一人”だからね)。
考えさせられたのは、川の神様。
「くされ神」としてやってきて、誰もが疎ましく思っていた。湯婆婆は新人の千に接客を押し付け、自分は傍観者になろうとする。
千は文句も言わず、誠実に接客する中で、「くされ神」の背に棘が刺さっていることに気づいた。
それをひっこ抜くと‥‥自転車や洗濯機などがゾロゾロ。
「くされ神」は、実は河の神。人間の手によって不法投棄され、水流がせき止められてしまったため、ヘドロが蓄積し汚れてしまった川だった。

河の神をここまで汚らしくしてしまったのは、人間だった。

「くされ神」は礼として、千に団子を手渡して去っていった。
そして、湯屋にも大量の砂金を残していったのである。湯婆婆は、客を丁重にもてなした千を褒め称えたのであった。
・翌朝、なにやら騒々しい湯屋。ある客を皆総出で接客しているという。
砂金をバラまきながら酒を飲むその姿は、パッと見でもヤバい生き物で、到底『神』には見えないが、金を生み出してバラまいてくれるのだる。それも無限に──。
欲に溺れた湯屋の面々は、いかにも怪しい風体をした化け物(カオナシ)に疑問を持つこともなく、盲目的に豪華な料理を振る舞い、手から無限に湧き出る砂金に目を輝かせた。

しかし‥‥湯屋の一人が飲み込まれた瞬間、状況が一変する。



美女と野獣

1991年/米
監督:ゲーリー・トゥルースデイル
音楽:アラン・メンケン
主演(声):ペイジ・オハラ/ロビー・ベンソン/リチャード・ホワイト 他


ベルは“本の虫”と呼ばれるほどの、暇さえあれば本を読みふける女性。
※ベルは通称で“美しい人”の意味。ベルも野獣も、本名は最後まで明かされていない。
村の人は本に憑りつかれたベルを“変人”と罵り嘲笑った。父親も発明家なので尚更である。
そんな変わり者のベルを、妻にしようと躍起に燃えるガストン。
村一番力が強い彼は、「俺の妻になれるなんて幸せな女性だ!」と豪語し、ベルにプロポーズをする。
しかしガストンは、ベルの事を愛してはいない。ベルが街一番の美人だから、妻に欲しいだけである。
それを知っているベルは、ガストンにプロポーズされることを悪夢かのように嘆き、断固拒否。

ベルの父はある日、山中で道に迷った挙句、止む無く城に助けを求めた。
城の使用人達は、身体が冷え寒そうな父を哀れに思い、城に招き、濡れた服を乾かして温かい茶を淹れもてなしたが、城主は、許可なく城に招いた事に激怒し、直ちに帰るように命令した。
父は、城主の姿が醜い野獣であったことに思わず息を呑み、醜い自分の姿を見られた野獣は、『自分を嘲笑った』として父を牢に閉じ込めてしまう。
城主は王子であり、元々は人の姿をしていたが、労りの心を持たなかった為に魔女に呪いをかけられ野獣の姿にされてしまっていたのである(野獣が人を愛し、愛された時に呪いは解けるそうだ)。
※確かに王子も悪いが、騙してこんな仕打ちを浴びせる魔女もどうかと思った。まだ12歳だったんだから許してやれよたらーっ(汗)

ベルは父を追って城内に入り、牢の中で咳き込む父の姿を見て、身代わりに囚人となることを希望する。
野獣は、ベルが女性であることで呪いが解けるチャンスだと受け入れるが、労りの心を持たない野獣は、父とベルの別れの挨拶もさせずに、父を城内から追い払い、ベルに泣かれてしまう。
罪悪感に苛まれた野獣は、彼女に情けや気遣いをかけるうちに、彼女を愛し、ベルの笑顔を絶やすまいと思った。
その心は徐々にベルにも伝わり、ベルもまた野獣の心の内を探ろうとする。
荒々しい性格の中に秘められた野獣の真の心は、とても優しくて親切であり、ベルもまた彼に惹かれていく。
※スペシャルエディションでは、幻の名曲『人間に戻れたら』の歌に乗せ、使用人達が人間に戻れる日を夢見て掃除をしたり、12歳で野獣となり読み書きを覚える事が出来なかった彼の為、ベルが本を読み聞かせる場面がある。
荒れた城の筈なのにダンスホールがピカピカな理由と、ベルが乗ってきた馬はどこに?等の謎が解け(笑)、さらには城の敷地面積や外観なども知ることが出来る。
※カットされたのは、歌であってシーンではない。歌が本編に組み込まれることになり、シーンは急きょ描き下ろされた。

ベルの父が病に侵されていることを知った野獣は、ベルの悲しむ顔を見たくない為、城から解放してしまう。
家で父を看病するベルは、野獣が実はとても優しかったと父に語ったが、ガストンは、野獣を話す時のベルの顔を見て、ベルが野獣を愛していると知り‥‥ベルを父共々監禁し野獣を殺しに行こうと村人を嗾け城へ向かうのであった。
ベルと結婚したいがために、医者と手を組み父を患者に仕立て上げる卑劣な行為は、もはや愛ではない。物のようにベルを扱う彼に、ガストンこそが“野獣”だと断言するベルの言葉は、愛をテーマに描いた作品の本質を捉えている。


魔女の宅急便

1989年/日
監督:宮崎駿
原作:角野栄子
声:高山みなみ/山口勝平/佐久間レイ/戸田恵子 他

13〜14歳。大人ではない、しかし、子どもでもない時期。
魔女のキキは13歳を迎え、親元を離れて独り立ちすることになった。
「独りで生活できるのかしら?」という両親の心配をよそに、当のキキは、おおはしゃぎ。
『月が綺麗だから』という安易な理由で、「今日発つの!さっき決めたの〜」と、独り暮らしの準備にとりかかる。

夜空を優雅に飛び、「街が綺麗ね〜」「何処に住もうか?」と、今後の計画性は0たらーっ(汗)
そんな時、キキと同年代の魔女が現れ、キキに挨拶をしにきてくれた。
彼女は、キキよりずっと大人びている。
「私は占いができるのよ。で、貴方は?」
聞かれてキキは、自分には、特技と言えるものが無いことにはじめて気づく。

翌朝、海の見える街に辿り着いたキキ。
時計塔‥‥港町‥‥にぎやかな店‥‥活気溢れる人達。「決めた!私、ここに住む!」
しかし、キキの希望に満ち溢れた思いは、ガラガラと──崩れていく。
キキに何の関心も持たない街の人々。みんな、キキを避けて歩いている。
ホテルに泊まろうとするも、ホテルマンはキキを冷たくあしらう。
『魔女の修行』について、知らないので仕方ないが、あまりにも冷たい扱い。
その見下された物言いに、キキは怒って帰ってしまう。
街に着いてから、初めて落ち込むキキである。
黒猫のジジは、「他の街を探そうよ。もっと良い所があるよ」と、冷たい街の雰囲気が気に入らない様子
キキは途方に暮れ、考えなしに飛び出した自分が浅はかだったと悔いた。

だがそこに、転機が転がり込んでくる!
パン屋に来た客の「忘れ物」を、女将さんの代りにキキが届けに行ったのである。
おかみさんのパン屋でお礼をされている時、ふと「今夜、何処に泊まるの?」という話が出て‥‥なんと、空き部屋を使っていいと言うのだ。

やっとこさ、独り暮らしの生活が始まった。炊事、洗濯、料理。全ての家事をこなせるキキは、さすがである。
しかし、のうのうと毎日を過ごしてはいられない。
独りで暮らす為には、お金を稼がなくてはならないからだ。
私には何ができる?今日、お客さんの忘れ物を届けに行ったら、とても喜んでくれたっけ‥‥そうだ!『お届けもの屋さん』をやろう!
看板名は、『魔女の宅急便』
なぜ宅急便なのかは、スポンサーが『ヤマト運輸』だから。恐らく、キキの相方のジジが黒猫なのも、「“黒猫”ヤマトの宅急便」のキャッチコピーからでしょうか。

仕事も順調に乗り、独り暮らしの生活を存分に楽しんでいるキキ。
友達も出来た。トンボという男の子と友達になり、幸せいっぱいのキキ。
しかし日を追うごとに、何かがキキの中で変わってゆく。
黒一色の自分の服が、とても地味に思えてならない。女の子がトンボに話しかけるのを見ていると、無性にイライラしてくる。
それが、小さな『恋』の始まりであることに気づかないキキは、モヤモヤした気持ちを抱いたまま、1人で抱え込み、悩んでしまう。
その悩み(ストレス)が体に変調をきたし、キキは、突然ジジの言葉が理解出来なくなくなってしまう。
「変なの。ジジの言葉が急に分からなくなったわ」
慌ててホウキに飛び乗り地を蹴って────うそっ飛べない!?
空を飛べない以上、宅急便の仕事は休業するしかない。空を飛べなければ、私は何の役にもたたない‥‥!愕然とし、途方にくれるキキ。
そんな折、キキは、唯一心を許して話し合える『絵描きの女性』に会い、慌ててその手に縋りつく。
「私もキキと似たような事があったよ。突然絵が描けなくてね。描いても描いても気に入らないの」
そして、女性はこう言った。「その時分かったの。その画が“真似”だって」
母のお下がりのほうきで空を飛び、母の後ろをただ飛んでいたキキ。
「私、昔は何も考えなくても飛べたの。でも今は──どうやって飛んでいたか、分からなくなっちゃった」
『飛ぶ』とは?飛ぶとき、私は何を考え、何を思ってて飛んでいたのだろう‥‥。
絵を模写し、真似をしているだけでは、それがどんなに上手くても所詮は“嘘”である。自分自身の“絵”を描かなくてはならない。
飛び方だってそうだ。キキの持っているほうきは“母”の物。キキは自分のほうきを持ち、自分の飛び方で飛ばなければならないのだと──。

数日後、トンボが乗った飛行船が、事故に遭ったと聞かされるキキ。
宙吊りになったトンボを目の前にして、ほうきを持たないキキが取った行動は‥‥‥‥。

子どもから大人へ──。考え方、価値観、生き方。何かが変わっていく年代の葛藤や迷いを、描いた作品です。
因みに、映画は『時間枠』がある為、端折っているシーンも多々あります。
是非、映画と合わせて、小説をお読みになることをお勧めします。